ケイ歯科の診療内容

 

【診療科目】
歯科・口腔外科・小児歯科・予防歯科・歯周病・インプラント・審美歯科・ホワイトニング・顎(あご)関節・マウスピース(いびき、スポーツ) ・口腔ケア・摂食嚥下リハビリテーション・訪問歯科

 

☆歯科

虫歯、入れ歯、つめもの・かぶせもの、など保険治療を主体とした皆様がおなじみの歯医者の治療です。

 

☆口腔外科(日本口腔外科学会専門医・指導医)

親知らずなどの難しい抜歯、心臓病や重度の糖尿病、血をさらさらにする薬を飲んでいる方など有病者の外科処置、舌やくちびる・口の中の出きもの(口腔腫瘍)、お口の乾き(口腔乾燥症)、金属アレルギー、味がおかしい(味覚異常)、舌の違和感(舌痛症)、原因不明な痛み・違和感(口腔心身症)、など。

当院では大学病院レベルの安心・安全な歯科医療を提供するために生体モニター(心電図・血圧・呼吸・心拍数、など)、点滴セット(化のう止め、痛み止め、腫れ止め、など)、感染予防のための最も厳しいヨーロッパ基準をクリアしたBクラス滅菌器、不安・痛みをやわらげる笑気吸入鎮静器、などの設備を備えております。

 

☆笑気吸入鎮静法・静脈内鎮静法

歯医者のイメージの定番である、痛い、怖い、不安を少しでもやわらげたいなどの目的で笑気吸入鎮静法や静脈内鎮静法を導入しております。小児から大人・高齢者の患者様に至るまで、院長自ら10年以上の間にのべ300名以上の笑気吸入鎮静法と、のべ200名以上の点滴による静脈内鎮静法を導入し、手術や歯科治療を安全に施行しております。これらの鎮静法は安全に実施することが最優先されるために歯科医師といえども全身管理に精通することが望まれます。院長はこれまでの大学病院での医科麻酔の研修や集中治療室(ICU)での全身管理を経験しております。加えて緊急時に対応できる設備や薬剤も常備しております。ご安心ください。なお、治療や保険の適応・適応外につきましては気軽にご相談ください。

 

☆小児歯科(小児歯科学会所属)

当院では小児の歯科治療は、子供の治療を受ける前から抱いている不安や恐怖を常に緩和しながら、子供が示す行動を理解し、通常の治療の流れにスムーズに移行できる環境づくりと、的確な診断に基づく効果的で確実な治療を行うことが大切と考えております。このため治療には、時間的精神的ゆとりが必要となります。無理やり治療を進めるのではなく、信頼関係ができるまで柔軟に粘り強く対応することにつとめております。そのため、治療回数、期間がかかることがありますが、御理解いただきますようよろしくお願いいたします。

フッ素の塗布とシーラント(予防填塞)の治療などかみ合わせ、歯ならび、などのご相談も受けております。さらに矯正歯科専門的な治療をご希望の方は加賀市大聖寺の歯科医院(矯正歯科)と提携しておりますのでご相談ください。

 

☆予防歯科・歯周病(日本歯周病学会会員

時代は治療(CURE)から予防(CARE)へ!常勤の歯科衛生士が2名在籍しております。また当院では最新の超音波式歯周ポケット洗浄・歯面清掃器である『エアーフローマスターピエゾン』を導入しております。歯石の除去や歯のクリーニングの際はひと味違う、きれい、快適、気持ちいい、を当院でご体験ください!さらに、笑気吸入鎮静法を使ってリラックスした状態で治療を受けることも可能です。

 

☆審美歯科・ホワイトニング

審美歯科とは、従来の虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「美」という視点をプラスした歯科治療です。当院では、永年の使用にも変色せず、より自然な色合いを保つ様々なオールセラミックス等の取扱いがございます。お気軽にお問い合わせください。

ホワイトニングとは歯の漂白のこと。当院では自宅で行うホームホワイトニングを扱っております。患者さんのお口にあったソフトトレーの中にホワイトニングジェルを注入し、一定時間、歯に装着しておくだけ!自分なりのペースででき、薬剤が低濃度なのでオフィスホワイトニング(歯科医院で行う漂白)より安全です。白い歯で素敵な笑顔を! ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

D2.jpg

 

☆インプラント(顎顔面インプラント学会指導医)

入れ歯ではよく噛めない。まだ若いので入れ歯はしたくない。失った歯の両隣にある健康な歯まで削ってしまうブリッジには抵抗がある・・・。当院では、上記のような患者様にインプラント治療をご紹介しております。院長はこれまで、のべ300名以上、1,000本以上の手術実績があります(10本ほどの経過の悪い症例がありましたが、最終的な歯のかぶせ物の成功率は100%)。簡単な症例から他院では不可能と言われた高難度の骨移植例や見た目の美しさを求められた症例まで多種多様の症例を経験しております。病院によっては全身麻酔で行う症例も院長自らの鎮静療法も併用して局所麻酔で対応してまいりました。患者様の中には歯科の大学教授や、医学部教授、医師・看護師などの医療従事者、医科大学・大手企業の重役クラスや学校長・教頭をはじめとした学校教員の方々なども多数いらっしゃいました。また歯科医師に向けたセミナーや講演会なども行っており、加えて自らは最新の技術を習得すべく学会や勉強会にも積極的に参加し、日々研鑽しております。

個々の症例など詳細につきましては後日、掲載予定です。ご了承ください。

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
0761-73-0550